受け入れ企業様のもとに即戦力となる実習生を送り出すサポートをいたします。

外国人技能実習生を受け入れる企業・協同組合にとって最も重要なことの一つが、実習生を早期に戦力の一部にできるかという事ではないでしょうか。
そのために必要なものは、コミュニケーション力。
日本に来て日本語を理解していくよりも、現地で基礎的な会話力を身につけて来てもらえばより早く実習生に仕事を教えていけるのではないでしょうか。
ただ、旧来の文法を中心とした現地講師による語学教育では、短期間で会話力を身につけることに限界があります。
(株)ヨシカでは、日本人講師によるネイティブな日本語による「聴く」「話す」に重点を置いたクオリティーの高い授業を提供し、より効率的に語学力を身につけることが可能です。

(株)ヨシカの採用している「eにほんご」はエジプト考古学の権威であり、日本のeラーニング教育の第一人者吉村作治・早稲田大学名誉教授が、エジプトでの日本語教師経験を活かし「吉村作治式」の日本語学習コンテンツを開発。eラーニングの利点を活かし、短い期間で絶大な学習効果を発揮します。
世界中で行われている日本語能力試験(JLPT)合格

がターゲット。N5からN1まで、各レベル40回分の講義(1回約1時間)+練習問題・漢字学習で構成されています。動画+字幕のわかりやすい解説でネットを利用していつでも、どこでも、何度でも学ぶことができます。

受け入れ企業のもとに即戦力の実習生を送り出すため、送り出し企業との橋渡しも行っています。
また、送り出し企業が他社との学習の差別化を行うためにもヨシカスタイルにほんご学習プログラムを採用されることをお勧めいたします。

(株)ヨシカパンフレット(PDF)


アジアの主要国ほか、11か国の言語に対応しています。

対応言語現在、送り出し先はアジアに有る多くの途上国に広がってきています。
(株)ヨシカでは、さまざまな送り出し先国に対応できるよう、11か国の言語に対応しています(うち4か国は近日リリース予定)。

対応国一覧
・中国
・韓国
・英語
・ベトナム
・インドネシア
・カンボジア
・ミャンマー
・モンゴル(近日リリース)
・スリランカ(近日リリース)
・ネパール(近日リリース)
・アラビア語(近日リリース)

お知らせ

一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。