ネイティブな日本語学習をご提供します。

外国人技能実習生に生きた日本語を学んでもらいたい。

外国人技能実習生が日本に来て一番に必要な能力はコミュニケーション力です。

現地講師の日本語と、日本人の発音と全く同じであれば簡単なのですが、そういう訳にもいきません。
ネイティブな日本語を聴き取るためには…。

研修生の人たちは現地でしっかりと語学教育を受けていますが、旧来のテキストと現地の講師による教育方法では必ずしもクオリティーの高い教育が受けられるとは限りません。
(株)ヨシカでは、現地の実習生に日本人講師によるeラーニングで常にクオリティーの高い授業を提供することが可能です。
加えてスマートフォンやPCを利用して24時間365日いつでも学習することができるので、研修生のライフスタイルに合わせた学習環境を実現できます。

JLPTN5~N1までに対応したeラーニング授業

日本語能力試験のレベル認定の目安は、「読む」「聴く」という言語行動で表わします。
それぞれの言語行動を実現するための、文字・語彙・文法などの言語知識も必要です。
日本語能力試験にはN1、N2、N3、N4、N5の5つのレベルがあります。いちばん易しいレベルがN5で、いちばん難しいレベルがN1です。

認定の目安
N5:基本的な日本語をある程度理解することができる
N4:基本的な日本語を理解することができる
N3:日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる
N2:幅広い場面で使われる日本語を理解することができる
N1:幅広場面で使われる日本語を理解することができる

様々な業種に対応した学習内容にカスタマイズが可能です。

研修生の働く職場には普段使わないような専門用語が飛び交っています。
通常は来日してから現場で少しずつ覚えていきますが、その分戦力になるまでに時間を必要とします。
(株)ヨシカでは基本の学習システムに加え、専門用語を加えた学習内容にカスタマイズする事が可能です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。